アボガドの芽を鉢植えにしました。

菜園の収穫が終わった、胡瓜やツルムラサキ、ミニトマトなどが枯れ始めてきたので杖や胡瓜ネットなどを撤去しました。
ミニトマトは一部はまだ実がなっているところもあるので、一部だけ残しました。

ニラは今、花が咲いているので、そのままにしておいて、種を落とすことにします。
胡瓜に代わって、勢いを増してきているのが、青シソ(大葉)です。
かなりのボリュームで、枝葉が菜園を覆い尽くすんじゃないかと思うぐらい茂っています。


アボガドの鉢植え
妻がずっと、キッチン出窓でアボガドの種を水耕栽培していて、1年近くたって、ようやく芽が出てきたという記事を先日書きましたが、大き目の二葉が出てきました。

もう、鉢植えにしないといけないということで、今日、植えました。
用土は観葉植物の土を使い、いきなり日向に出すと、葉焼けして場合により枯れる事もある様なので、根付くまでの2週間ほどは北側の玄関前に置いておこうと思います。

でも、種からアボガドを発芽させ、観葉植物にするのって、今、流行っているみたいですね。
妻も、子供が通っていた絵画教室の先生がやられているのを見て、始めたみたいです。

発芽するまで、かなり時間がかかりましたが、一旦、発芽し、二葉が出るまでになると、成長は早い様です。
なんと言っても、地植えにすると、20mぐらいの巨木になる素質を持っていますから。

今後の成長を見守りたいと思います。
17-09-24-01.jpg





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カウンター
プロフィール

森の端材工房

Author:森の端材工房
木を使った、おもちゃや木工雑貨などを作るのが好きで、色んな物を作っては子供に遊ばせております。

よく、姉妹喧嘩も勃発しますが、木のおもちゃで遊んでいる時は不思議と喧嘩が起こることは少なく、表情もやさしくなっていることに気が付きました。

そんなことから、木に囲まれた環境での子育ては、子供の発達にとてもよい影響を与えていると実感しております。

子育てをしながらの作品作りは、スムーズにいかず大変ですが、その奮闘の様子や日々の出来事、新作おもちゃを与えた時の子供の反応などを綴っていきたいと思います。

難点は木の価格が高いこと。
切れ端、余ったもの(端材)をできる限り利用し、できるだけ安く作ることを目標にし、資源の有効利用を目指しています。

制作した作品は、下記サイトで販売もしております

●ミンネの端材工房ギャラリー http://minne.com/hazaikoubou/profile
●テトテの端材工房ギャラリー https://tetote-market.jp/creator/hazaikoubou/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR