FC2ブログ

ご購入者様からのメッセージ

作品を購入された方から、お礼のメッセージはよく頂きますが、先日は、「こんな風に使わせて頂きました」と写真付でメッセージを頂きました。
自分の作った作品が使われている様子を見ることは、ほとんどありません。
なので、こういったメッセージを頂くのは、嬉しさもありますが、作品作りをする上で貴重なものです。
この様な写真付のメッセージを頂いたのは、まだ数件しかありません。

写真掲載の許可を頂いたので、紹介したいと思います。
購入して頂いたのは、「ツリー型の飾り棚」

販売イベントの陳列に使用された様です。
組み立て式なので、持ち運びしやすく、小さなテーブルスペースでも商品が映える陳列ができると、大変、喜ばれていました。
また、他のイベント参加者の方からも、好評だった様です。

写真を拝見すると、もう一回り棚が大きい方がいいかなという感じはします。
けれど、イベント用の決められたテーブルスペースでは、これぐらいの大きさがいいと言われていました。

陳列されている商品は、ヒーリングや浄化に使用するパワーストーンをレジンで封じ込めているものだそうです。

18-11-16-01.jpg

この作品の材料は、以前の記事でも書きましたが、300×600㎜の板で作れる最大の大きさです。

このシリーズで、もう一回り大きい物を希望されるご意見が以前にもあり、試作を考えていますが、一回り大きい材料のサイズは、
450×910㎜で、材料価格が上がる上に、かなり大きな端材が出てしまう事になり、無駄が多いんですよね。

アスパラ木箱の反り

以前、記事にしていたワイン木箱リメイク作品のパントリーボックス。

パントリーボックスとしては気密性が良すぎるのと、高さがありすぎるので妻に却下されました。(^^;)

これは、背丈を短くして、長女の収納として再リメイクする予定です。

今、パントリーボックスの第2作目を制作中です。

今回は、たくさんあるアスパラ木箱をリメイクしようとしているのですが、昨年もらってきた木箱、この一年の間に、とんでもなく反ってきています。

いかも反りが複雑で、波の様にうねっています。

輸送するための一時的な木箱なので、それも仕方ないか・・・・

寸法通りに切ったはずの板が前後で、これだけ違ってきていて、頭を抱えています。

18-11-15-02.jpg

今年の木箱は、まだ反っていませんので、それを使い、今のうちにニスの塗膜で覆い反りを防止しようかと思っています。

ちょっと、自宅用の作品で、いくつか作りたいものがあり、並行してやっています。

次女の図工展

今日から土曜日まで、次女の小学校の作品展が始まりました。
今日は休みの日だったので、見に行ってきました。

各学年、図画と造形の2作品が展示されています。
次女の学年は、「自分と友達との版画」、そして造形は、「恐竜のすみか」というテーマで作っていました。
版画は、細かい描写は難しいと思うのですが、特徴をよく表現できていた様に思います。

18-11-14-02.jpg


「恐竜のすみか」は、造形の材料にどんぐりや松ぼっくりを使っているところが、うちの子らしいなと思って見ていました。

18-11-14-01-01.jpg

手回しお茶っ葉ミル

先日、私が買い物へ行く時に、妻から「そこへ買い物に行くんだったら、一度、見てきてほしいものがある」と言われた。
訳すと、「見てきてほしいものがある=買ってきてほしい」ということだ。

それは、お茶葉ミル。
前にそのお店の前で置いてあるのを見たことがある様で、買おうか迷っていた様です。

18-11-13-01.jpg

我が家では、お茶はよく飲みますが、茶葉自体も風邪予防をはじめ、色々な効能があるということで、粉末茶葉を使い茶葉ごと飲んでいます。
ですが、粉末茶葉は少し割高なことと、茶葉自体はよく頂くのでたくさんあります。
なので、あってもいいかな・・・と思った様です。

確かに、私もそう思いますが、使ってみないことには何とも言えないし、価格にもよりますよね。
値段を見ると、3000円前後だった。
試すには微妙な値段ですが、風邪予防になればと思い、買って帰ることにしました。

それがこれ。
手回し式のミルです。
使ってみると、思っていた以上に、なかなか粉になって出てこない。
ごますり器の様に、もっとパラパラと出てくるものかと思っていたのですが・・・・

暇がかかるので、「テレビを見ながら回しているといいね」と言って笑っていました。

それでも、出てくる粉末はかなり細かい。
ですが、多少、ムラがあるのが気になるところです。
お湯を注ぐと、やはり、お茶の香りがすごくしてきます。

役立ちそうですね。時間がある時にクリクリ回して頑張ります。

18-11-13-02.jpg

24年振りの花火大会

近隣の市では、夏に花火大会が開催されていますが、我が町の花火大会は阪神大震災以降ありませんでした。
が、今年24年振りに復活されることになり、昨日、開催されました。
本当は9月の予定でしたが、台風の被害により、延期されていました。

子供達に話すと行きたいというので、自転車で出かけることにしました。
規模は小さいですが、渋滞の心配なく、自転車で気軽に行けるところがいいですね。

でも、震災前は開催されていたということですが、存在は知りませんでした。

花火会場周辺は、さすがに混雑していました。
会場は海岸沿いのヨットハーバー。
係留されているヨットと花火をフレームに入れたかったので、広角側で撮りました。

18-11-12-03.jpg


会場は30分前でかなり混雑していました。座れるところはありませんでした。
初めてのことなので、花火がどの辺りに見えるのか、分からず、勘で後ろの方で構えていました。
すると、思っていた場所よりは少しずれて、正面の木の後ろで上がりました。
木が邪魔で見えない・・・・

でも、枝の間から木漏れ日の様に見える花火写真も面白いかもと思い、数枚強引に撮ってみました。
木に咲く花の様なイメージで・・・

18-11-12-01.jpg

18-11-12-02.jpg

来年はどうなるのかな・・・・・

ブロッコリーと白菜のその後・・・

先日、末っ子と植えたブロッコリー。
だいぶ大きくなってきて、ブロッコリーの小さいものが、できてきました。
連作ですが、今のところ順調に育っています。

18-11-09-01.jpg


こちらは、白菜です。
写真は少し前のものですが、今は葉が大きくなり、複数の層ができてきました。
でも、暖地なので、巻かずに、広がっています。
それに、何かに食べられています。
何だろうな・・・・

18-11-09-02.jpg
カウンター
プロフィール

森の端材工房

Author:森の端材工房
木を使った、おもちゃや木工雑貨などを作るのが好きで、色んな物を作っては子供に遊ばせております。

よく、姉妹喧嘩も勃発しますが、木のおもちゃで遊んでいる時は不思議と喧嘩が起こることは少なく、表情もやさしくなっていることに気が付きました。

そんなことから、木に囲まれた環境での子育ては、子供の発達にとてもよい影響を与えていると実感しております。

子育てをしながらの作品作りは、スムーズにいかず大変ですが、その奮闘の様子や日々の出来事、新作おもちゃを与えた時の子供の反応などを綴っていきたいと思います。

難点は木の価格が高いこと。
切れ端、余ったもの(端材)をできる限り利用し、できるだけ安く作ることを目標にし、資源の有効利用を目指しています。

制作した作品は、下記サイトで販売もしております

●ミンネの端材工房ギャラリー http://minne.com/hazaikoubou/profile
●テトテの端材工房ギャラリー https://tetote-market.jp/creator/hazaikoubou/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR