FC2ブログ

長女の合格通知が届きました。

先日、長女が一足早く高校受験をしましたが、その合格通知が今日、届きました。
長女は中学を支援級で過ごし、そのまま支援特別学校へと進むと思っていましたが、2年の時から支援高校を含め色んな学校見学に行き、進路を探っていました。
その中で、支援学校は、「面白そうだけど、ちょっと私のいる場所とは違うかな」と感じ始めた様で、通常の高校へ行きたいと言い始めました。
なので、その頃から、英語以外のほとんどの教科を交流(通常級)で受ける様になり、中間、期末テストも通常級のものを受けてきました。

まぁ、正直、ここまでできる様になるとは思っていませんでした。
中学に入ると、「学校ってこんなに楽しい所なんだ」と言っていましたし、長女にとって、中学の支援級という環境が合っていたのでしょうね。この3年間で、すごく成長したなと感じます。

受験は終わりましたが、今は期末テストの真っ最中です。

師走目前という時期に・・・・(;;)

早いもので、師走も目前になってきましたね。
色々と忙しくなる時期なのですが、そんな時に、うちの部署から誰かをサポート役として他部署へ一人移動させたいとの打診が社長からありました。
しかも12月1日からとのこと。
上司もそれは難しいと一旦は返答した様ですが、社長の意思は固い様で・・・・

で、誰を出すのか、引き継ぎはどうするのか等、今、色々と上司と相談しています。
何なら私が・・・(笑)
と一瞬思ったのですが、女子社員限定とのこと。

で、一人を選出し、上司が事情を説明したところ、予想外に前向きに受け止めてくれた様です。
ただ、諸事情で一旦、全ての仕事を私に引き継ぎ、その後、私から、残った女子社員へと引き継ぐという流れになりそうです。
まぁ、仕事を把握しておくという意味では、それもいいかなとは思いますが、しばらく忙しくなりそうです。
来月は、末っ子の音楽会があり、1日休みをとっていますが、状況次第では半休にしようかな・・・・
まぁ、半休でも音楽会は見に行けますので。

先日の週末は妻の実家へ帰っていました。

先日、義母の車を諸事情で急遽、修理することになったと連絡がありました。
ですが、日曜日に、説法のため交通の便が悪いお寺へ出かける予定が入っているとのことで、急遽送迎を依頼されたので、土曜日に仕事が終わってから、妻の実家へと向かいました。
妻子は電車で昼過ぎから向かっていました。

9時過ぎに出て、着いたのが0時過ぎだったかな。
夜なので、ゆっくり目に走りました。

次の日は朝一で、義母が買ってくれていた末っ子のランドセルを取りに、隣町のイオンへ向かい、帰宅後、義母と次女、末っ子を乗せて、お寺へ送っていきました。
待っている間、どこか散策へ行くつもりでしたが、末っ子は帰ろうといいます。
でも義母宅まで1時間ちょっとかかるので、帰って、また来るのも時間的にきついかな。
結局、近くのイオンで、お昼ご飯を食べたりして時間をつぶすことにしました。

夕方、義母のお迎えに行って、義母宅で、みんなで夕飯を食べてから、3時間弱かけて家へと向かいました。
お腹が膨れて、少し眠かったですが、無事に到着しましたよ。

長女の高校受験

今日は長女の高校受験の日でした。
推薦入試なので、一足早く行われ、また試験も面接試験のみですが、緊張した面持ちで出かけて行きました。
面接の練習は学校の担任の先生方や校長先生、デイサービスの先生や妻等に、計17回ほどやったと言ってました。
学校へは何度も見学に行っているので、まわりの環境には慣れていると思います。

そして試験は無事に終了。
面接は1対1で行われ、長女を担当した面接官は、学校見学の際に何度か話したことのある先生だった様で、極度に緊張せず、練習通りに答えられたと言ってました。
結果発表は来週です。

また、続けて期末テストがあるので、今度はそちらの勉強をしています。
「テスト続きだ・・・・」と嘆いていました。

カメの成長記録

先月から、飼い始めたキャッカ(クサガメの子)ですが、餌の食べる量も増えてきて、元気にしています。
お腹が空いている時に、人影が見えると、「餌をちょうだい」という感じで、寄ってきます。
そして、人の手から、直接、餌をもらおうとするため、水の中に落とした餌は、なかなか気付かない様です。

「カメの成長記録」これ、「来年の末っ子の自由研究にいいんじゃない」と、長女や次女も言っています。
これをテーマにするかどうか、分かりませんが、一応、体重・体長測定をやって、末っ子にノートに書かせています。
10月28日 体重16g 甲羅長40㎜ 幅35㎜
11月13日 体重20g 甲羅長45㎜ 幅38㎜

でした。
約半月で、体重が4g、甲羅長が5㎜増えています。
毎日、見ていると分かりませんが、こうして計測してみると、成長スピードが結構、早いことが分かります。


就学相談結果への最終返答

以前より、来年度の次女と末っ子の進学について、市の教育委員会で就学相談を受け、次女は支援級、末っ子は要観察付の通常級という判定が出ていました。
それを受け、担任の先生方や園長先生、本人の意思などを踏まえて、長い間、話し合ってきましたが、今日、返答を教育委員会へしてきました。

次女の中学校は、教育委員会の判定通り、支援級(情緒学級)スタートで。
ただ、学習障害はないので、様子をみながら、2年生から通常級へ戻ることを視野に入れています。

末っ子は、先生方の中でも、意見が真っ二つに割れて、本当に迷いました。
末っ子の事を小さい時からよく知ってもらっている先生方、小学校の先生をされていたこともある今の幼稚園の園長先生は、支援級スタートの方がいいと言われます。
また、担任の先生は、今の園生活を見ている限りでは通常級でも大丈夫と言われます。

私達も、通常級でほぼほぼいけると思うのですが、何か嫌なことがあったりした時に、立ち直りができなかったり、どんな行動をとるのか分からないところがあり、そこだけが不安な要素でした。

なので、通常級という判定が出ているけれども、籍は支援級に置き、ほとんどの時間を交流(通常級)で過ごさせることはできないかと、相談に行きました。
就学相談の時には、それは無理だと言われたのですが、低学年の間に通常級へ戻ることを視野に入れているのでと、再度、願い出たのです。
すると、そうした事例もあるとのことで、学校側に申し出て下さいと言われました。

ということで、長い間悩んできたことの結論を出してきました。
カウンター
プロフィール

森の端材工房

Author:森の端材工房
木を使った、おもちゃや木工雑貨などを作るのが好きで、色んな物を作っては子供に遊ばせております。

よく、姉妹喧嘩も勃発しますが、木のおもちゃで遊んでいる時は不思議と喧嘩が起こることは少なく、表情もやさしくなっていることに気が付きました。

そんなことから、木に囲まれた環境での子育ては、子供の発達にとてもよい影響を与えていると実感しております。

子育てをしながらの作品作りは、スムーズにいかず大変ですが、その奮闘の様子や日々の出来事、新作おもちゃを与えた時の子供の反応などを綴っていきたいと思います。

難点は木の価格が高いこと。
切れ端、余ったもの(端材)をできる限り利用し、できるだけ安く作ることを目標にし、資源の有効利用を目指しています。

制作した作品は、下記サイトで販売もしております

●ミンネの端材工房ギャラリー http://minne.com/hazaikoubou/profile
●テトテの端材工房ギャラリー https://tetote-market.jp/creator/hazaikoubou/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR